1. 現在の位置:
  2. ホーム
  3. 盲導犬について
  4. 盲導犬の一生

盲導犬の一生

1.子犬の誕生

盲導犬の育成は子犬の誕生から始まります。
北海道盲導犬協会では毎年2月から10月にかけて母犬の出産があり、年間70頭もの盲導犬の候補生が誕生します。元気に生まれてきた子犬たちは誕生から約50日間、母犬や兄弟たちと一緒に繁殖犬飼育委託ボランティアの家庭で過ごします。
子犬の誕生

2.パピーウォーキング

子犬たちは生後50日頃よりパピーウォーカーの家庭で元気盛んな時期を過ごします。パピーウォーカーとは生後50日から約1年間、家庭で飼育してもらうボランティア家庭のことです。名前もここでつけてもらいます。この1年間で子犬たちがもらうのはたくさんの愛情とさまざまな経験。体も心もほぼ一人前の盲導犬候補生に成長していきます。
パピーウォーキング

3.盲導犬適性評価

パピーウォーカーよりたくさんの愛情を受け協会にもどってきた犬たちは約7ヶ月間の訓練に入りますが、訓練前に行われるのが適性評価です。これは訓練士が約1ヶ月間一頭一頭と何度も外を歩き、生まれ持った個性や性格が盲導犬に向いているかを把握する大切な評価です。盲導犬になる為の第一歩です。

4.盲導犬の訓練

盲導犬になる為に「すわれ」「まて」「ふせ」などの基礎的な訓練から始まり、徐々に道路や交通機関などを利用する誘導訓練に入っていきます。この訓練は約7ヶ月行われます。訓練の基本は「よくほめる」こと。ほめて犬たちの学習意欲を高めていくこと、つまり「お仕事のやる気」を引き出すことが重要なのです。大切な行動を何度も繰り返して、一人前の盲導犬に少しずつ近づいていきます。
盲導犬の訓練

5.アイマスク歩行訓練

訓練が終盤になる頃、協会ではアイマスク歩行訓練を行います。この訓練は担当訓練士がアイマスクをつけ視覚障がい者と同じ状況で歩き、約7ヶ月間の訓練内容がしっかり身についているかを確認する訓練です。訓練士と盲導犬候補生のこれまでの努力が試される瞬間です。
アイマスク歩行訓練

6.共同訓練

アイマスクをした訓練士を安全に誘導できるようになったら、盲導犬の「仮免許」がとれたようなもの。そして、将来のパートナーとなる視覚障害者と出会うことになるのです。二人(一人と一頭)は寝食をともにしての訓練を4週間行います。これが「共同訓練」です。さまざまな喜びや苦難の壁を一緒に経験しながら、お互いを信頼できるパートナーとして認め合う大切な訓練。共同訓練を修了してはじめて、「盲導犬」と「ユーザー」になることができるのです。
共同訓練

7.盲導犬の引退

長い間ユーザーを支える盲導犬も12歳になると、いよいよ引退を迎えます。引退後はお疲れ様とこれまでの感謝の気持ちを込めて、協会施設内にある老犬ホームにあたたかく迎えてあげます。ここでは若き日に訓練した仲間たちとのんびりと生活ができるように職員とボランティアさんにより24時間体制でお世話をしています。
盲導犬の引退

▲ページの先頭へ