1. 現在の位置:
  2. ホーム
  3. 盲導犬について
  4. 盲導犬と出会ったとき

盲導犬と出会ったとき

盲導犬がユーザーとともにさっそうと街を歩く・・・こんな光景、ごらんになったことがありますか?
まだまだ盲導犬は珍しい存在。もしかしたら多くの人が、実際に仕事をしている盲導犬を見たことがないかもしれません。そこで、皆さんが街で盲導犬と出会ったときに次のことをお願いしたいと思いますのでご協力をお願いします。

ハーネスをつけた盲導犬は仕事中です。

ハーネス(白い胴輪)をつけている盲導犬は仕事中です。仕事中の盲導犬はユーザーの指示に的確に答える為、周囲の状況に気を配りお仕事に集中しています。そんな時に盲導犬に声をかける、手招きをするなど、注意を引くことをしてしまうと盲導犬が本来のお仕事ができなくなってしまう場合があります。
ハーネスをつけた盲導犬は仕事中です。

食べものを与えないでください。

盲導犬は健康維持の為食事の時間と量を決めてあたえていますので、盲導犬に食べ物を与えたり、見せびらかせたりしないようにお願います。
お仕事中に食べものを与えてしますと気が散って仕事に集中できなくなります。
食べものを与えないでください。

盲導犬ではなくユーザーに声をかけてください

周囲の状況がわからず道に迷っているユーザーやお手伝いを必要としているユーザーを見かけた時は、「なにかお手伝いをしましょうか?」「どちらまで行くのですか?」などの一声や「いま信号は赤ですよ」「このバスは○○行きですよ」などを教えていただけると大変助かります。皆さんのあたたかいご協力をお願い致します。
盲導犬ではなくユーザーに声をかけてください

皆さんと同じ場所に盲導犬を入れてください

盲導犬は、ユーザーの安全のため、そして社会の一員として皆さんに迷惑をかけないよう、きちんと訓練・しつけがされています。決してかみついたり、吠えたりしません。排泄(トイレ)のしつけもしっかりされています。また、抜け毛で周りを汚さないよう洋服を着せて出かけることもあります。平成14年10月に身体障害者補助犬法が施行され、多くの方々が利用する交通機関や宿泊施設、飲食店などを盲導犬とともに利用することが正式に認められようになりました。ぜひ盲導犬の同伴拒否のない社会作りにご協力をお願い致します。
皆さんと同じ場所に盲導犬を入れてください

▲ページの先頭へ