1. 現在の位置:
  2. ホーム
  3. 視覚障害について
  4. 障害を補う盲人用具

障害を補う盲人用具

文字をはっきり大きく拡大して見えづらさを補ってくれるもの、時間を音声で知らせてくれるもの、また、細かい作業を簡単に行えるのもなど、今では視覚障がいによる生活上の不便さを解消する様々な盲人用具が販売されています。

拡大読書器

ロービジョンの方が文字を読むときに使用する道具で、下のトレイの上に読みたい物を置くと、上のディスプレイに拡大されて映ります。ディスプレイは一体型の物と本体の上に普通のテレビを乗せて使用するタイプの物とあります。また、携帯式の物も開発されています。
拡大読書器

オートマチック糸通し器

縫い針に糸を通す時に使う道具です。使い方は、まず煙突状の突起の中に、針を糸が通る方を下にして差し込みます。次にその突起の横の溝に糸を引っかけ、反対側についているレバーを下に押し下げるとピンが糸を針穴に押し込み、糸が通る仕組みになっています。
オートマチック糸通し器

ソックスロック・ソックスクリップ

両方とも洗濯の際に靴下がバラバラにならないようにする道具で、薄手の靴下ならソックスロックを、厚手ならソックスクリップを使います。使い方は、靴下を左右一組にしてこのソックスロック(クリップも同じ)にはさめ、そのまま洗濯をし、そのまま干します。
ソックスロック・ソックスクリップ

視覚障がい者用時計

視覚障がい者のための時計で、触知式と音声式の2種類があります。触知式は主に腕時計タイプで、時計の表面のカバーを開けて針を直接指で触り時間を確認します。音声式は置き時計型・腕時計型両方がありいずれもボタンを押すと現在時刻を知らせてくれます。又、音声式ではアラーム機能つきや、日付や温度を知らせてくれるものもあります。
視覚障がい者用時計

活字文書読み上げ装置 テルミー

文書の内容が記録された音声コードというバーコードを読み取り読み上げをしてくれる装置で、音声コードが付いている文書ならば視覚障害者でも内容を把握することが出来ます。
活字文書読み上げ装置

▲ページの先頭へ